2017年とわたし 〜仕事編〜

前回の記事では「忍耐」についてしか書かなかったけれど、2017年を頭の中で振り返ってみたら、意外と書くことがあったので書いてみる。

ざっと振り返ると、とにかく仕事をずーっとやっていた印象だったが、その通りだった。
あまり大きな声では言えないが、本業の方でデザインの責任者として仕事をしながら、副業をやり続けるというのは死ぬほど大変だ。
稀に器用な人もいて、さくさく多くの仕事を進めていく強者もいるかと思うが、僕の場合は真逆で、常に追い詰められている状況に置かれ、心の底から休めた日が殆どなかったように思う。たくさん遊んだ年ではあったけれど、常に仕事の事が頭が離れなくて正直ツラかったなぁ。

でも、正直得るもののほうが多かったから、仕事を依頼してくれたすべての方に感謝しています。事業会社で働いているデザイナーは、副業をどんどんやったほうが良いというのが、僕の個人的な意見です。語弊を恐れずに言うと、事業会社は楽をしようと思えばできてしまう会社が少なくはないかと思います。それは事業会社の性質上しょうがないです。(事業の初期フェーズや、立ち上げ時などは除く)それにデザイナーは良い意味で飽きっぽい人間が多いので、副業で新しい刺激と出会い、プレッシャーを感じながら、色々なデザインに関わる方が絶対成長します。

副業は、コミュニケーション能力から、プレゼンスキル、デザイン能力、やり遂げる力、お金の事等、あらゆるビジネススキルがつきます。そして、必ず本業のほうに活きてきます。事実、イケてるデザイナーは副業をやっている人が多いですし、この業界で一番有名なUXデザイナーの方なども、色々な会社のコンサルをしていて、それらのデータを掻き集めて、他の事業でも試すという、素晴らしく効率的な方法論によって業界全体を良くしようとしています。一つのコミュニティにしか属さないというのは、今後リスクにしかなりません。このブログを読んだ社長さんは、自社のデザイナーを囲い込むのではなく、是非旅をさせてあげてください。背中を押してあげれば、デザイナーはどんどん成長し、びっくりするほどの、お土産を持ってあなたのもとに帰ってきますから。

という事で、とても熱く副業論について書いてしまいましたが、ここから今年やった案件などを振り返っていきたいと思います。

まず一発目は、2〜3月頃にやったTOYSLAB!

TOYSLAB

これは、TOYSLABという、おもちゃ動画のYoutubeチャンネルがありまして、それのためにロゴやキャラクター、世界観などを作ったプロジェクトでした。
おもちゃ動画というのは、世界的にトップクラスの閲覧数があるジャンルのようで、実はもの凄くビジネスチャンスのある分野なのです。人気ユーチューバーが、ビックリするほどお金を稼いでいる事はよく知られているかと思いますが、それに「おもちゃ」という大きい市場規模の分野を組み合わせるイメージです。それのブランドイメージを作るという非常にやりがいもあり、楽しいお仕事でした。

TOYSLAB Youtubeチャンネル

 

続いて、mokuru!

mokuru

これは、今話題の仮想通貨のビットコインを簡単に送金できるアプリです。本当は、現金を簡単に送金できるアプリを作りたかったのですが、日本の法律的に無理だったので、ビットコイン送金アプリにピボットしました。

アメリカでは、Venmoという現金の送金アプリが若者の間でとてつもなく定着しています。「今日のお金、後でVenmoするね!」みたいな会話が行われているようです。日本で言えば「LINEするね!」のような感覚でしょうか。このように一サービスが社会のインフラになり、純粋想起され、会話の中で動詞として出て来ると最高ですよね。これをmokuruも目指してたのですが、日本の法律の壁は厚かったです。。実際pyamoとか、kyashとか類似サービスも続々と登場しましたが、なんとも言えない感じになっていますよね。
余談ですが、mokuru開発時のビットコインの値段は、まだ30万円 / 1ビットコインくらいでした。。(2018年1月現在では約200万 / 1ビットコイン)6〜7倍に上がってる..。

個人間ビットコイン送金アプリ mokuru

 

それと、Starter kidsというローンチはしませんでしたが、完成直前まで作っていたサービスがありましたので、一応掲載しておきます!

これは、幼児の学びを応援するサービスでした。細い経緯はここには書きませんが、一応言っておくと、特にトラブルとかがあったわけではなく、とてもポジティブな理由で断念しました。メンバーの全員が納得した決断でした。なんていうか、もっと良い事を思いついてしまった感じです..!

 

あと運良く、笑福亭鶴瓶論という書籍にイラストを使ってもらえて、嬉しかった!

こうやって、本屋に自分のイラストが並ぶというのは、死ぬほど嬉しいものです。(しかも、クレジットがしっかりと入っている)著者の戸部田(てれびのスキマ)さん、編集のNさん、関係者の皆様、こんな自分のイラストを使って頂いて感謝しております。この場を借りてお礼を申し上げます。どうもありがとうございました!

Amazon商品ページ(アフィリエイト入れてません)

 

最後に、仲良しの友達から面白いお誘いを受けて、新しい分野のお仕事にチャレンジさせて頂きました。PV男優です!(AVじゃないよ!!)。ONIGAWARAの「東京SUKI・SUKIストリート」のミュージックビデオにちょこっとだけ出演させて頂きました。言われないとわからないくらいの登場ですが。。

この画像は載せても良いのかな?とにかく撮影現場は、めちゃめちゃ楽しかったです!初めましての方とも仲良く役作りしたり、普段フツーに社会人している自分にとっては、非日常的で刺激的な空間でした。できれば人生であと何回か出てみたいw
それと同時に自分は、やはり演者ではなく、作り手側の人間だなぁとも改めて思いました。演出や映像の作り方、照明や撮影の順序など、細かく観察させて頂いて、大変勉強になりました。

ONIGAWARA OFFICIAL WEBSITE

 

あとは、友達に頼まれて作ったロゴが意外と気に入ったので、掲載しておきます。

二人はめちゃくちゃ良い奴で、結構スゴいヤツら。一応仕事用に作ったロゴなので、今後さらなる発展を期待せずにはいられない。陰ながら応援してるぜ!^^

*

最後に、実は今新たにプロダクトを作っています。まだクローズドな感じで進めていますが、とても自分がやりたかったような分野なので、とても楽しみです。2018年は動画の年になりそうとだけ言っておきます。

2017年も振り返ってみると、沢山の良いメンバーに囲まれて最高の一年だったように思います。この調子で、2018年は、人生で一番の勝負の年になりそうなので、絶対成功させて、沢山自分の夢と願望を叶えていこうと思っています。それでは良いお年を!